包茎は病気なのか

包茎は病気なのでしょうか?実際のところ医療保険が適用になるような真性包茎はそうかもしれませんが、多くの日本人がそうであるような、自分で簡単に包皮をめくれるような仮性包茎は病気とは言えません。
つまり包茎だからといって不潔とは限りません。
包茎のでもきちんと、ちゃんと手入れをしていれば清潔にできます。

亀頭に包皮がかぶっていると、恥垢、いわゆる垢が溜まってしまいます。
これを放置しているから嫌なにおいの原因になりますし、雑菌の温床にもなります。

体は温度や湿度の塊ですから、特に蒸れやすい股間付近は雑菌の温床になるのは想像にかたくなく、包茎が不衛生なのではなく、垢が不衛生なのです。
繰り返しになりますが、包皮を簡単に剥くことができる仮性包茎の方なら、意識すれば清潔にすることができるでしょう。
しかし包皮の入り口が狭い方や真性包茎の方は、洗浄したくてもできません。
普段めくることができない皮の内側では、恥垢が溜まって雑菌が繁殖しているのです。

そういえばこの辺のデリケートゾーンには分泌線など、一見して何かの病気かと思ってしまうような跡がみられることがあります。
それこそ股間を晒すような仕事(AV男優とか)は見た目を気にして整形で治すこともあるそうですが、目立つような人も普通にいるみたいです。
この辺は包茎の手術などを行うことを進める雑誌やウェブなどをうのみにせず、本当に心配であればきちんとしたお医者さんに診てもらうことをおすすめします。



≪特選サイト≫
真性包茎、仮性包茎などを整形手術で治している専門クリニックです ⇒ 包茎